本文へスキップ

高周波技術


■ 高周波技術

●西菱電機エンジニアリングは高周波技術が強みです。
電波は光と同じ物理現象です。
電波の波には周期があり、一秒間にこの波がいくつ入っているかが周波数となります。
電波には周波数が高くなるほど伝達する情報量が増加する特性があり、電波のこの特性を私たちの社会に生かすため、この100年来(マルコニーが無線電信の実験に成功をしたのが1895年でした)、世界中で技術開発は進みました。

私たち西菱電機エンジニアリングは永年にわたり、無線通信機器の開発と、ものつくりを手がけてきました。
そこで培われた高周波技術という強みを生かして皆様方のお役に立ちたいと考えております。

電波と一概にいっても周波数範囲がきわめて広く、電波の用途は周波数ごとに定められています。21世紀になり、とくに高い周波数(高周波)のニーズは情報伝達の量とともに増大してきています。



●情報伝送の用途では、あらゆる無線通信に利用されております。
1.LF、MF、HF、VHF、UHF、SHF帯までの高周波技術を応用した製品開発、製品の高周波回路、コントロールする制御回路、組込ソフトウェアの開発をおこないます。

2.オールソリッドステート広帯域高周波ハイパワー増幅の技術を得意とし、これらを応用した各種無線送受信機のほか、小電力無線装置、業務用無線システムの開発をおこないます。




●電波は情報伝送以外の利用例としてエネルギー応用、化学分析、化学反応分野があります。
この分野にて『無線通信で培った技術』を礎にマイクロ波電源等、以下の特徴を引き出して開発を行います。
1. オールソリッドステートで長寿命、小型軽量化を実現させます。

2.周波数を可変や広帯域を実現させます。

3.出力は 0.01 から 100W まで連続可変などリニアリティーな優位性を引き出します。

西菱電機エンジニアリング株式会社

〒664-0837
兵庫県伊丹市北河原1丁目2-7

TEL 072-782-0361
FAX 072-782-6411